ウイルスバスターにおける任意コードの実行を許可してしまう脆弱性について

ご報告


トレンドマイクロ社のウィルスバスターにおいて脆弱性が発見されました。
対象は以下の製品です。

  • ウイルスバスター2011 クラウド
  • ウイルスバスター2010
  • ウイルスバスター16
  • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
  • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
  • ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0 Service Pack 1
  • Trend Micro ビジネスセキュリティ 6.0
  • Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.1
  • Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0

詳細は以下URLでご確認ください。
ウイルスバスター2011 クラウド 用 修正モジュール 2011/02/14

また、有限会社sateraでは本件について、修正モジュールの適用などに不安があるお客様に対してサポートを執り行っております。
お気軽にお問い合わせください。

※修正モジュールの適用作業は弊社と保守サポート契約を締結頂いているお客様においては無償若しくは優待価格での対応となります。

※保守サポート契約ユーザー様以外のお客様においては修正モジュールの適用作業などの作業実施は有料となりますので予めご了承ください。


« »